めっきと過電圧

めっき液中に電流を流さずに電極を置いた場合を平衡電極電位という。
この状態から反応を起こさせるためには、平衡状態を破らなければならない。
これを破るだけのエネルギーを与える電流を流したときの電極電位と平衡電極電位との差を過電圧と呼ぶ。
過電圧は周囲の状況に依存する。
外部電源から平衡電位よりも正側の電位を与えるとアノード電流が流れ、平衡電位よりも負側の電位を与えるとカソード電流が流れる。
故に電解電圧を上げていけばカソードではめっき反応が起こり、アノードでは溶解反応が起こる。
過電圧の種類
  • 電極反応の活性化エネルギー(最初の立ち上がり部分の過電圧)
  • 濃度変化の過電圧
  • 皮膜生成による抵抗変化の過電圧
関連タグ:めっき 要因
タグ一覧:めっき 金属 電気めっき 無電解めっき 置換めっき 化学還元めっき 要因 材料