浴攪拌の意味

撹拌の方法によってめっき膜の構造は変化する。
電析する原子は数万℃の熱エネルギーをもっており、表面拡散しながら金属表面や液で冷却される。
効果
  • めっき浴全体の温度や組成を均一にする
  • 基板表面に早く金属イオンが供給される(拡散層の破壊)⇒めっき速度にも関係する
  • 基板表面で発生する水素によるpH変化と発生した水素ガス(泡)を早く剥離(⇒泡が基盤表面に吸着しているとめっき膜の成長鈍化、ピット発生、膜組成の揺らぎ)
  • 基板表面の発熱の冷却効果(⇒めっき膜の最表面はかなりの高温と考えられるので、温度によるめっき膜や表面形状、結晶粒径や組織に影響を与える)
撹拌方法
  • 液を流す(撹拌)⇒凹凸などで不均一になると場所によってpHに変化を伴う
  • 材料を振動
  • 液にガスを吹き込むエアーレション
関連タグ:めっき 要因
タグ一覧:めっき 金属 電気めっき 無電解めっき 置換めっき 化学還元めっき 要因 材料